So-net無料ブログ作成
検索選択

尾崎行雄 球速 [結婚]

プロ野球の東映(現日本ハム)で剛速球を武器にエースとして君臨した大投手・尾崎行雄さんが肺がんの為、お亡くなりになられたそうですね。尾崎行雄さんはその剛速球から「怪童」と呼ばれたほどの投手だったということで、プロ野球界では尾崎行雄さんの死を悲しむ声が多くあげられています。そんな大投手である尾崎行雄さんの球速って一体何キロだったのでしょうか?


コンピューターによる速度の計算は信用できない?


Yahoo!で尾崎行雄さんの球速と検索すると159km/hという数字がでてきます。


159!?


とびっくりしてしまいますが、今の日本球界にこんな球速を投げるピッチャーなんて居ないですよね?


せいぜい知っているところで言えば、クルーンが記録した162km/hですけど・・・



こんな早い球速を投げていたとは・・・びっくりですね!


あとは日本ハムの二刀流選手で話題の大谷が高校時代に記録した160km/hぐらいしかしりません(笑)



これもすごい記録ですね。高校生で160km/hを投げるとは・・・


ただし、この2には球速に並があります。それに対して尾崎行雄さんの速球は常に安定していたとも言われているようです。ってことはこれほど速い球を毎回投げていたのでいしょうか?


でもそれが本当なら、昭和時代に活躍した、いずれも大投手といわれるピッチャーの勝利数は今のピッチャーがあげる勝利数よりも桁が違うのが説明できますね。


こんな急速をばんばん投げる・・・


すごい投手だったんですね尾崎行雄さんは・・・・


以上「尾崎行雄 速球」についてでした!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。